残業代は専門業務型裁量労働制でも出る

専門業務型裁量労働制は導入にあたって必ず労使協定を結ぶことが重要であり、締結後にはみなし残業時間として捉えられるので、多少の残業時間が発生した場合でも据え置きの賃金となることがほとんどです。

専門業務型裁量労働制の残業代

専門業務型裁量労働制とはその日に実際に何時間働いたかに関わらず労使協定で決められた時間を働いたとみなす制度です。