管理監督者とその残業代請求

管理監督者は残業代を請求することはできませんが、これを管理職は残業代を請求できないと短絡的に考えてはいけません。

管理監督者とは単に課長とか店長などというその会社での肩書きで判断されるものではなく、実態を見る必要があるとされています。そして、実態としていくつかの要件を満たして始めて、残業代を支給しなくてよい、つまり請求できないとされており、課長だからとか、店長だから直ちにもらえなくなるようなものでは一切ありません。

管理監督者の要件としては、まずは名前のとおり部下の管理や監督が仕事のメインとなっていることが必要です。これは必要に応じて業務上の指示や命令を出していることだけにとどまらず、例えば誰にどの仕事をさせるかの割り振りとか、必要なときには人員を新たに採用する、部下の労務管理や勤務成績評価を行うことなども含まれます。

自分には部下の仕事の割り振りを決める権限や、人員採用の権限など一切ないという人は要件に当てはまるか疑問です。そして、より重要な要件としては、経営者と一体となって仕事をしていることが挙げられます。これは、本来であれば経営者が行うような仕事の一部を代わりに行っているようなことが必要で、経営上の重要な事項、戦略的な事項に少なくとも自分の意見を出せるくらいの権限が必要です。さらには、自分自身の勤務時間については自分で決められる裁量権も必要ですし、給料などについても部下より高い待遇を得ている必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *