管理監督者と残業代の請求

管理監督者は残業代は請求できないというのは多くの人が感じていることではないでしょうか。

これは原則としては間違いなくそのとおりです。法律上、管理監督者の地位にある人には残業代の支給は要しないとされており、会社側として支給する必要がないとされているものをわざわざ支給するような会社はまずあり得ません。つまり、働く側から請求することもできないというか、請求する行為そのものは別に構いませんが、それで支給されることもないということになります。

ですが、原則と実態がかけ離れていることが多いのも事実です。管理監督者とは、その名前のとおり他の人の管理や監督を主な仕事としている人のことであり、かつ、経営層と一体となって経営に意見を出したり、自分自身の勤務時間は自分で決定する裁量権を持っている人で、しかも他の人たちよりも給料などで高い待遇を受けている必要があると決められています。

こういう人に限って、残業代を支給しなくても良いとされているのです。ですが実態としては、その会社で決める管理職の地位に昇進した人には残業代を支給しないとされていることがほとんどでしょう。冷静に、その会社での管理職が上に書いたような内容に当てはまるかを吟味する必要があるはずですが、多くの場合そういうことはうやむやにされてしまっているのが実情です。経営層と一体となっていると言えるか、自分自身の勤務時間を自分で決められるかといったことは、最下層の管理職ではむしろ当てはまらないことのほうが多いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *